HOME > コラム > 市販テープライトVSプロテープライト

市販テープライトVSプロテープライト

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市場には数多くのテープライトが販売されていますが、仕様が不明確なものも多く、性能を比較できずに困ることがあると思います。ネット通販で入手できるもの(特に海外製)の大半は仕様や明るさが不明確です。特に明るさについては「LEDチップのサイズが大きければ大きいほど明るい!」という説明を見かけることがありますが、本当にその通りなのでしょうか?


そこで今回は、1mあたり3,000円前後で販売されている市販の海外製テープライトについて品質を検証し、
当社テープライトと比較しながら検証した結果をご紹介させていただきます。


比較するテープライトは下記の通りになります。

市販の5050サイズのLEDチップを実装した海外製テープライト
 (以下、5050テープライトと呼称)

市販の2835サイズのLEDチップを実装した海外製テープライト
 (以下、2835テープライトと呼称)

当社プロテープライト10

当社プロテープライト20

当社プロテープライト30


まずは仕様書を確認しました。

表.jpg

※2835テープライトは仕様書がなく、インターネットに記載されている情報のみを記載しています。
仕様書上では、市販のテープライトは当社のテープライトよりも明るさや発光効率が高いようです。実際のところを確認してみます。

今回は、長さL=300mmのテープライトを使って比較検証します。検証項目は以下の通りです。


1.電気性能
  電圧・消費電力について

2.光学性能
  配光特性・明るさ(全光束)・照度・色温度・演色性について

3.機械性能
  基板状態やケース外観について

4.施工利便性
  取付方法について

5.コストパフォーマンス
  当社製品を導入するにあたってのメリット


果たして比較的安価な市販の海外製テープライトの方がトータルパフォーマンスが優れているのか否か。

それでは次回以降のコラムにてご紹介させていただきます。



プロテープライトシリーズについて詳しく知りたい方は下記画像をクリック!

プロテープライト10/プロテープライト20についてはこちら↓
copy_プロテープライト10 20.jpg


プロテープライト30についてはこちら↓
TMV30_300×300.jpg

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームからお寄せください。