HOME > コラム > 海外製テープライトVSプロテープライト

海外製テープライトVSプロテープライト

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外製テープライトVSプロテープライト

市場には数多くのテープライトが販売されています。価格帯も1mあたり数百円のものから1万円を超えるものまで様々です。しかしながら、仕様が不明確なものも多く、性能を比較できずに困ることがあると思います。ネット通販で入手できるもの(特に海外製)の大半は仕様や明るさが不明確です。特に明るさについては「LEDチップのサイズが大きければ大きいほど明るい!」という説明を見かけることがありますが、本当にその通りなのでしょうか?


そこで今回は、1mあたり3,000円前後で販売されている市販の海外製テープライト2種類を試し買いして、
当社プロテープライト(日本製)と比較しながら検証した結果をご紹介させていただきます。


検証するテープライトは以下の4種類になります。


市販の5050サイズのLEDチップを実装した海外製テープライト
 (以下、「5050テープライト」と呼称します。)



市販の2835サイズのLEDチップを実装した海外製テープライト
 
(以下、「2835テープライト」と呼称します。)


当社プロテープライト10(日本製)


当社プロテープライト20(日本製)





まずは、それぞれのテープライトについて仕様書やカタログ値を確認して表1にまとめました。

表.jpg

※2835テープライトは仕様書がなく、WEBページ上に記載されている情報のみを記載しています。
表1にまとめた結果を確認する限りでは、海外製テープライトは当社プロテープライトよりも明るさや発光効率が高いようです。実際のところを確認していきたいと思います。

今回は、各テープライトの長さを300mmに揃えて比較検証します。検証項目は以下の通りです。


1.電気特性
 定格電圧・消費電力について

2.光学性能
 vol.1:配光特性・明るさ(全光束)
 vol.2:照度・色温度・演色性について

3.機械性能
 製品構造について

4.施工利便性
 取付方法について

5.コストパフォーマンス
 導入のメリットについて

※青文字をクリックすると各コラムページを閲覧できます。



果たして、比較的安価な市販の海外製テープライトと当社プロテープライトとでは、どのような違いが見えてくるのでしょうか?
先ずは電気的な仕様の違いについて見ていきたいと思います。



 

お問い合わせ

092-518-0981



当社プロテープライトの製品情報につきましては下記よりご確認いただけます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームからお寄せください。